面倒くさい窓掃除とおさらば!!「WINBOT」という救世主登場!!

スライド1.PNG

WINBOTとは


理想の家を建てる際
「大きな窓」や「多数の窓」は多くの人が憧れる要素の1つです。

大きな窓があるリビングの

「開放感」や「光量」

口では説明できない幸福感がある。

しかし、その反面。
窓を設置する事はデメリットもある。

例えば
「保温力の低下」
冬場など、暖房器具を使用し温めた空気が逃げやすい。

「災害時などの破損」

なかでも、私が最も気になるのが

「窓の汚れ」である。



汚れた窓は開放感どころか
「不快感」すら感じます。

特に天気の良い日は汚れが目立ちます。

窓掃除はかなりの労力と時間を必要とします。

私の周りに、どのくらいの頻度で「窓掃除」を行ているか
アンケートを取ったところ

「1年に1回の大掃除」

「窓はやらない(やったことない)」

がほとんどでした。

なかには「毎月」という強者もいましたが・・・(笑)

そこで
今回紹介する製品は
そんな窓掃除を「自動」で行ってくれる
「窓ふきロボット(ガラスクリーニングロボット)」を紹介します!

その名は

「WINBOT」です!!

簡単に言うと
「窓掃除版ルンバ」みたいな商品です!

WINBOTには
950
850
830
と3つのグレードがあります。
最後に簡単な比較表を掲載しているので参考にして下さい。
話題のロボット掃除機をレンタル!メーカー直営のお試しレンタル

ECOVACS(エコバックス)


初めて聞いた方もいると思いますが、
「WINBOT」を販売しているメーカーは

「ECOVACS(エコバックス)」という会社で
世界中の家庭用ロボットメーカーのトップ3に入るブランドの一つです。
世界最大級の中国市場シェアのうち
なんと65%を獲得したトップクラスのブランドです。

「より快適で楽しい生活を送るため、画期的な製品を提供すること」
を目的としているので
心をくすぐる画期的な商品が多数ありますので、
機会があればほかの商品もチェックしてみてください。
厚さ57mm!ベッドや家具の下もお掃除するロボット掃除機DEEBOT


基本機能


〇簡単操作
窓ガラスに設置しボタンを押すだけで
「窓」「ガラスドア」「鏡」などを自動で掃除してくれます。
WINBOTが窓や鏡の大きさを自動で検知し
効率よく掃除を行ってくれます。

〇4段階の清掃システム
これまでの窓掃除用の道具はもう必要ありません。
WINBOT850にその全部の機能が備わっています。
マイクロファイバー製のクリーニングパッドと
2本のスクイージーを搭載。
あらかじめWINBOT用洗剤をスプレーしたクリーニングパッドで
汚れを湿らせ吸収し、
スクイージーで汚れを取り除きます。
前方と後方の装備で、合計4回のふき取りを行いきれいに拭きあげます。

「内窓」はもちろん
「外窓」の土ぼこりや水跡も綺麗に掃除してくれます。
中からも外からも綺麗にできるのは
うれしいポイントです!






〇安全性能
基本的には電源コードで稼働します。
高速ファンが強い吸引力を生み出し
稼働中は窓ガラスに本体が「吸着」します。
しかし、万が一の停電の際や誤って電源コードを抜いてしまった際も
「バッテリー」が搭載されているので
15分間は窓に吸着し続けます。

〇様々なガラスに対応
高度な技術で作られたファンにより
確実に窓ガラスに本体を貼り付けるため

「曇りガラス」
「ステッカー付きの窓」
などにも安心して使用できます。
また、
汚れの多い窓や、歪みのある窓などでも
安定した動作で掃除をしてくれます。

〇清掃音
清掃の際の操作音を大幅に抑えた「静穏設計」なので
音はかなり静かです。
一般の掃除機よりも静かなので
近所への音も気になりません。

〇簡単メンテナンス
WINBOTは汚れを「取り外し可能なパッド」で吸着し掃除を行うため
メンテナンスは掃除後にパッドを取り外し
手洗いして乾燥するだけです。
ダニ・ハウスダストにお悩みなら


価格


楽天やAmazonでの販売価格の0目安です。

WINBOT850
約59000円

上位機種の
WINBOT950
約70000円

下位機種の
WINBOT830
約35000円

以下に簡単な比較表を掲載しておきます。
スライド2.PNG
ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 850 クリアホワイト W850 -
ECOVACS 窓用ロボット掃除機 WINBOT 850 クリアホワイト W850 -
エコバックス(ECOVACS) 窓用ロボット掃除機 WINBOT 850 (W850) - ホームショッピング
エコバックス(ECOVACS) 窓用ロボット掃除機 WINBOT 850 (W850) - ホームショッピング

この記事へのコメント

このエントリーをはてなブックマークに追加